オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


RIZINと神の階級の現在

Category: MMA   Tags: ---


 廃墟は心の奥にもあります。

 RIZINはIZAの舞以降、よい評価は聞かない。案の定カードが開催一月前になっているのにかかわらずロクに出てこないなんて昔からの不満も引き継いだままだし、ようやく一個発表されたと思ってたら桜庭&所英男vsヴァンダレイ・シウバ&TBA、しかもグラップリングマッチという意味不明ぶりである。10キロ前後のウェイト差のある桜庭とシウバのライバル関係なんていまからしたら成り立たないめちゃくちゃなものだが、いまだ引っ張っている。

 RIZINは思ったよりも余裕も手札もないのかもしれないなと総じて期待が低くなっている現状なんだけど、それでも唯一RIZINのやりたいことを見つめると、案外面白いところはある。それはやっぱり、トップの榊原氏が常々言ってる「興行には神の階級ヘビー級の成功が必要」というやつだ。

 ヘビー級は競技環境が整備されていくとともに味気なくなる…かどうかははっきりとは言えないのだが、すくなくともUFCではなかなか新鋭が出てこない状況になっているのは確かだし、ボクシングでは長らくクリチコ兄弟が支配的になっていたりする。競技環境が整っている興行格闘技のトップがボクシング(といってもこれも領域によるけど)とMMAくらいしかないから、はっきりとはいえないけれど。大相撲なんかはきりきりのところでスポーツ的な価値基準をずらし続け(あの八百長の有無すら含めてね)、神事とか伝統そのほかなんとやらで神の階級が味気なくなるのを防いでるんだと思う。

 RIZINはヒョードルや桜庭、ヴァンダレイとPRIDE時代の顔をまずフックにしているけれど、当然そんなのは早晩終わってしまうことはわかってるのだろう。で、本当のところはおそらくヘビー級トーナメントから新たに独自の顔役となる選手を立ち上げていきたいんだと思う。

 それで今の手札で一番可能性があると運営側は考えてるんだとおもうのが、石井慧を秒殺したイリー・プロハースカなのだと思う。すでに名のあるキング・モーにトーナメントを優勝されちゃったけど、決勝まで勝ち残ったし一番可能性ある無名という手札になってるんだと思う。今回藤田を当ててメインにしたというのにうんざりしている意見も少なくないのだが、これはたぶん往年の桜庭vsシウバ理論に基づく立ち上げかたなんだろうなあと思ったのだった。

 なんだ桜庭vsシウバ理論ってって話だけど、用は名のあるスターを無名だが強い選手が圧勝することで名声をかっさらっていくみたいなことだ。興行格闘技を普通にやっていて、外国人選手がきっちりキャラとして認識されることはまずない。日本の地上波で放映されるボクシングの世界戦で、相手選手が誰なのかを認識して観れるのはハードなボクシングファンくらいであり、たとえ日本人チャンプが敗戦しことで相手選手が強く認識されるなんてこともなかなかないくらいだしな。

 まあボクシングとMMAでは興行の形態が違うので詮無いことなんだけど、プロハ-スカが今石井と藤田を倒した(あっもう勝つこと前提で話進めちまった!)ことでネームバリューがどれだけ上がるのかなんてのもやっぱり期待できないとはいえ、RIZIN榊原氏が信じていることはうっすら見える気がする。

 神の階級は格闘技全体の現実からしたら、もしかしたら前時代的なのかもしれないが唯一RIZINに可能性があるんだとしたらそこにかかってるんだと思われ、プロハ-スカには思った以上に期待がかけられているのである。廃墟はベーグル製に変わっていくのです…
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR