オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


k-1maxと武士道という時代があったのですよ

Category: 未分類   Tags: ---
廃墟では年末の進行で疲れ切っています。魔裟斗vs五味は(いまこの状況でやるには)ひどいカードだなとは思う。一方でまったく観たくないわけではない。ありそうでなかった五味のMMA以外の別ルールの試合であるし、PRIDE時代もボクシングの徳山昌守との試合がボクシングルールで実現する可能性があったことも思い出した。初の立ち技の試合が、こんないびつで華やかな場になるのだ。


しかし魔裟斗と五味というのがどうにもクロスしない印象がずっとあるんだけどなんだろうかこれ。多分魔裟斗が現役時代一切MMAルールでの試合にでないまま引退し、またMMAもさほど興味がないことが関係してるのかも(かなり前の大晦日の解説席で、MMAの試合ではグラウンドの攻防になると隣の須藤元気に聞いてばっかりだったり)。

そしてk-1maxという興行の柱として守られまくってたというのも大きい。あれはTBS&FEGと興行に寄りまくった島宇宙なんだけども、サワーやブアカーオ、末期にはペトロシアンなどなど優れた中量級選手の競技性もかなり発揮されており、テレビで見るレベルのメジャー興行としては当時一番見ごたえあった。ほんとはMMAのほうが好きなのにhero'sやDREAMは観た後へんな後味や悪寒が残るみたいなことが少なくなかったなかで、対佐藤戦の判定のように魔裟斗を守らないと興行が成立しないギリギリさがありながらもコンスタントに水準の高い内容を提供していた興行だったとも思う。

そんな魔裟斗の対照としての五味隆典というのが折り合わない。ここにはどこか悪寒(無理やり興行にしようとする感覚をそう形容している)がある。10年前のk-1とMMAで中量級を牽引するスター同士の対戦であるが、これはやはり「立ち技vsMMA」でありがちな構図が、魔裟斗の前では逆転するせいかもしれない。

立ち技の選手がMMAを行う時、おおよその場合興行を盛り上げるための生贄にされる感がある。UFCでもちょっとあるぐらいだし。ところが魔裟斗の場合、まったく自分はMMAルールには出ず、k-1maxルールで数々のMMA選手を撃破してきたのである。

もう一つポイントなのは立ち技選手がMMAに出るのと違い、MMA選手が立ち技に出てくる場合はまったく生贄にならず、むしろ通常の立ち技の距離感や試合展開の慣習の違いから、意外に本職が序盤にダウンを取られたりする。ブアカーオvsアンドレ・ジダなどはまさにそんな展開だったりと観る側からすると危なく見える試合が結構おおいが、きっちり距離を制圧されると普通に動けなくなり判定負けになっていくのもよくある話なのでやる側からすると意外にイージーなのかもわからない。当時のk-1maxに見られる立ち技側がMMAを相手に向かい入れるという試合の影には、「異種格闘技戦である」「立ち技の慣習と違う動きのおかげで意外にK-1側がダウンとられる」「でも普通に距離をとるジャブやミドルにMMA側は対応できなくなるから立ち技側はイージーかも」という打算は働いていただろうな、と今にして思うのだった。

そう、結局自分のルールで別競技の選手を相手にするということは、別競技の選手はどの道、贄になるしかないんだけども、k-1maxの場合がそれが巧みに見えにくいようになっていた、特に魔裟斗はそういう基本の強さで相手に判定勝ちしてきたということでより面倒というか。

好勝負になりながら、興行の都合で真の勝敗が不明瞭になるというのを魔裟斗は何度もみせてくれた。それがk-1maxである。対して名勝負というものがある意味ではなく、勝つも負けるも明確な結果しかない(まあUFCで難しい判定の試合があったが)選手なのが五味。だからオレのなかでふたりが重ならないのかもしれない。魔裟斗と五味の試合はやはり好勝負でありながら勝敗が不明瞭という予感があまりにも高いのは、TBSとk-1と魔裟斗が生み出す空間の強さを過去に何度も見てきたせいかもしれない。廃墟ではほどほどに休むべきなのです……
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR