FC2ブログ
エイジア・ベイコク・ベース


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアストロー級の光景

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: ---
Yoshitaka-Naito-for-MMA-Weekly-750-748x370.jpg

Onefcストロー級王者戦 アレックス・シウバvs内藤のび太2

廃墟ではカプチーノのショートを頼み、コンセントのある席でスマートフォンに充電をしながら地道な作業を進めます。MMAの男子最軽量級ストロー級くらいになるとほんとうにフィジカル要素で抑え込んじゃったりとかリーチ差の要素で試合展開が見えるようなことは少なく、身体の使い方のうまさで決まっていく別競技に見える。フライ級以下のトップコンテンダーになると、ほとんどの動きに力みがなくって、中量級以上のMMAが試合のシークエンスのなかで大なり小なり持っている力みがほとんど見えない動きで試合が成立してる。

アレックス・シウバvs内藤のび太はそういう柔らかさで成立している試合だと思った。因縁の再戦、お互い30代中盤という年齢(今時のアスリートの年齢とパフォーマンスの変化ってどうでしょうね)ながら力みやフィジカル抜きの、純粋な技術力や身体の使い方の試合。内藤選手のレスリングとグラウンドでキープする試合の老獪さと伸びやかさはのび太というより水谷豊みたいな感じだったけど。

近年はさらに軽量級が新設されていて、ストロー級はUFCでも現在開設されていない階級っていうのもあって独特の立ち位置でもある。体格的にアジア周辺の選手のボリュームゾーンでもあるから、内藤選手の王者奪還はいよいよボクシングのWBAのニッチ階級でチャンピオンを取っているのも思い起こす。

前回の試合が序盤にスタンドでの交戦でポイントをとられていたところ、後半から内藤がレスリングでの闘いで展開を打開したそれが再戦でも生かされている。テクニカルにシウバをテイクダウンし、普通に相手の関節技の仕掛けを外しつつポイントをとっていく。そのタクティクスをフルラウンドで成立させている。タクティクスが完璧にハマった試合展開での内藤の動きはむしろ柔らかな動きがずっと続いていた。




そうした活躍の流れでプロフェッショナル修斗ストロー級の猿田洋祐の防衛戦を観ると、これもすごく身体使いの上手さみたいな感じ。王者をとった澤田龍人との試合がスタンドでの距離間から測りあう固めの展開だったことを思うと今回の村田一着は持ち味だしやすい相手だったというのもあるのか、伸びやかな動きだったなと記憶に残っている。

ストロー級の男子最軽量級はまだまだニッチさがあるけれど、いずれも上階級にあるノイズ部分(フィジカルもリーチもノイズっていっちゃうのもあれだけど)がとりわけ少ないとも言え、かなりテクニカルな部分で展開が決まってる印象がある。ここの階級がアジア方面でもう少し加熱していくとして、たとえばRoadFCあたりでも新設されていくとしたらその時は北米の光景とはかなり違うものになりそうで期待してる。

興行イベントと別にMMAの現実は軽量級方面がここ数年はコナーマクレガーも込みで加熱していたわけだけど、ここに来てアジア方面はどうなるのか。とか思いながら格闘技代理戦争見てたら次回予告で桜井マッハと青木真也がケンカしてた。廃墟とは、SNSの言説のことなのです。



スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAB/葛西 祝

Author:EAB/葛西 祝
ジャンル複合ライティング業者

mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。