オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dynamite! TBS dream 2010Ⅱ

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
橋 

<<本エントリの読み方と解説>>

①Dynamite!2010の展望の続きでございます②各カードの評価の後に、競技性・因果性・スター性・歴史性・総括性と区分けして、一つに付き20点・総じて100点になるよう暫定的な期待値の評価もございます③競技性とはそのまま、試合内容や展開の期待、因果性とは、この選手同士が闘う意味の強さ、スター性とは、そのままその選手の現在のオーラから市場価値のレベル、歴史性とは、格闘技史的なこの試合の意味、そして総括性とは、互いの選手がこの1年に為したことへの結末としての意味の強さ、でございます④では、これが何らかの参考になれば幸いです

⑤本エントリが当ブログ2010年度最終更新となります。今年はありがとうございました。来年も宜しくお願いします。

■DREAMヘビー級ワンマッチ
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア/ゴールデン・グローリー)vs水野竜也(日本/フリー)

 それよりも、近年のハリトーノフのモチベーション低下の理由を考えざるを得ない。現在の水野選手でも十分に勝ちを拾えるのでは、というくらいまで印象が落ちている。しかし、コアファン寄りの自分としては旧知のシュルトを圧倒した姿を見ているだけに、何が没落の要因になったのか?ばかりが残るが、テレビの「実直で苦境の中でも清貧に闘う日本人選手」という類型的なドラマのラインに乗せられる、水野選手寄りで見れば奇怪で不気味な外国人の悪役という意味ではこれまた類型的にハリトーノフは嵌まっている。そういう格にまで落ちたというか。(しかし、選手の黄昏ばかりが見えるカードは、これで何試合目だろうか?)

<期待値>競技性13・因果性12・スター性5・歴史性9・総括性12⇒ 51

■DREAMフェザー級タイトルマッチ
ビビアーノ・フェルナンデス(王者/ブラジル/レボリューション・ファイトチーム)vs高谷裕之(挑戦者/日本/高谷軍団)

 KIDも小見川もまるで亡命するかのようにUFCに行ってしまった中で、このタイトルマッチ周辺にあった因果性などが切り捨てられた印象が強い。逆説的に競技性のみに集中できるカードだとか言えそうだ。固い試合になるだろうが、起伏と緩急のある試合になることばかりを望みたい。どちらかが勝つということ以上に。

 それにしても、魅力あるファイターほど日本から去っていく。この二人にしても来年は分からない。


<期待値>競技性18・因果性8・スター性9・歴史性11・総括性10⇒ 56

■DREAM特別ルール
青木真也(日本/パラエストラ東京)vs長島☆自演乙☆雄一郎(日本/魁塾)

 DEEPの10周年記念大会が今年行われたが、K-1とMMA両方にこうしたエース候補を輩出した佐伯繁氏のこの興行の記念大会にこの二人がエキシビションマッチを行うというのならばハッピーなカードだっただろう。

 だがしかし、大晦日にマジで組まれてしまった。青木はまたしても仲間殺しの試合に関わることになったようにしか見えず、本当にみんなが勝利を望む、日本MMAの外敵として設定した北米MMAとの決闘・メレンデス戦では完封されて敗北する弱々しい姿を見せるのに対して、国内の試合では廣田や川尻に完勝するのに、仲間を刺したのを見てしまったような後味の悪い印象ばかりを残した。

 今年の日本格闘技を見つめていてつくづく感じるのは、経済状況の縮小によって、奮闘することが求められるにもかかわらず、ファン・メディア・選手らの人間の器というものまで小さくなっていくことばかりが目立った。そういう現実を凝縮したのが今年の青木だろう。

 DEEPから生まれたエースふたりの兄弟殺しという構図に何らかの官能を見出したりできる性質でもなく、この試合のコンテクストの無残さに対しての唯一の処方であるのが「青木の立ち技技術は実際どれほど専門の選手を制する能力があるのか?」という、皮肉にも競技的な側面だ。

 前からシュートボクシングでの青木というのを見てみたいと思っていたが、まさかこんな形で青木の立ち技が実現するとは思いもしなかったが、自演の打撃をいかにしのぐのか?の技術の側面を予想することだけがこのカードの救いだ。

<期待値>競技性10・因果性13・スター性10・歴史性11・総括性15⇒59

■DREAMライト級ワンマッチ
川尻達也(日本/T-BLOOD)vsジョシュ・トムソン(アメリカ/American Kickboxing Academy)

 三崎和雄・長谷川穂積・ピーター・アーツらが見せた、孤立や環境の変化や階級変更、そして老いなどあらゆる逆境に対しての抵抗の闘いは、同じく逆境にあるこの時代と共振し、アグレッシブな試合の熱狂以上に内面からの感情の浄化に繋げる「泣く」感情を観客から喚起させてきた。

 川尻VSトムソンの注目度は、dynamite!を取り巻く負のニュースやカードの前に存在を薄れがちだが、自分はマジに思うがこれこそ今大会中最大のカードであり、場合によっては今年の全ての試合を越えたベストバウトになる可能性もあるし、それどころか川尻のキャリア中のベストバウトにだってなる可能性があるとさえ見ている。それはこのカードが先に上げた逆境との闘いたちのコンテクストと共通している点が多々見られ、そして川尻自身がそうした逆境に対してどれだけの闘いを披露できる器であるのか?の真価が問われる意味でスリリングだからだ。

 北米に競技力でさえ土をつけられる日本MMAという状況、青木との決戦での完敗からの復帰戦、それが北米MMAとの再戦とも言えるトムソンとの試合であり、この試合結果次第で川尻のキャリアに深刻な明暗が生まれるほどの重大な試合であると思うし、どこかで川尻自身もそういう位置づけとしてこの試合に臨むという意見を残している。

 川尻は五味・魔裟斗戦などで試合前に記者会見などで強気な意見や嫌みめいたマイクで返したりするような試合では、川尻の試合の中で面白かったと言われる類の「善戦して意地を見せるも敗北」の展開になってしまうが、修斗の試合で「この試合を落としたら終わり」というプレッシャーを掛けられた試合や、2年前の大晦日、初のK-1ルールでの武田戦を前にして「ローキックを受け続けて足をやられてしまったらもう格闘技は終わり」とまで語っていたように追い詰められ、格闘技を続けられるかどうか?の瀬戸際に立ったときの川尻というのは、鮮やかな結果を生んでいる経歴があり、まさに今回こそがその瀬戸際にいる、と自分は見ている。

 そして、川尻の真価が発揮されることでそれが現在を取り巻く逆境の物語と共振した時に、この試合は低い前評判や想像以上の爆発力を生む可能性があるはずだ。会場の爆発的な熱狂を生むか、それとも無残に散るかの明暗が凄まじく濃いカード。決して「この興行の中では”競技として”マシ」みたいな貧乏な見方で終わるものではないだろう。

<期待値>競技性20・因果性19・スター性9・歴史性19・総括性20⇒ 87


■DREAMウェルター級タイトルマッチ
マリウス・ザロムスキー(王者/リトアニア/)vs桜庭和志(挑戦者/日本/LAUGHTER7)

 現在の桜庭選手はあらゆるジャンルで類を見ない光景を残す。というのも、他のジャンルで「生ける伝説」などとコピーをつけられ、数多くの人間からリスペクトを受けている人間がここまで何度も何度もそのイメージを破壊されるような試合を、興行のメインイベントに披露してきたことなどかつてないからだ。能力が第一線から明らかに後退している現状でも引退を選択しない選手は、辰吉や三浦カズを見ても表舞台から一歩引いた位置にいるのに対し、桜庭がそのラインにあるのに対し今だ興行のメインイベンターとして選ばれ続け、あれだけ「意味ある試合を」と言われているにもかかわらず、メイヘムやマヌーフのような一線の選手と試合することでの黄昏を見せてしまうことの意味とは何だろうか。
 
 例えば魔裟斗やFEG興行に出たてのKIDなどは正直言って運営によって印象を崩さないようプロテクトされていたことはちょっと見れば分かり切っていることだが、それは時に彼らを批判する時のフックともなるし、高じてそれが八百長論議にまで発展していったことが数限りなくある一方で、場合によってはいくらでもそういう道を進み、魔裟斗のようにイメージが崩れる前に引退なんてこともいくらでも出来たと思う。

 スター性を崩さないよう振舞う選手よりも、ボロボロになってまで闘う人間に感情移入しがちだ。自分だってタイに向かってまでボクシングを続けようとする辰吉丈一郎には感情移入してしまう。だがしかし、反復するがそれがグロテスクにさえ映ってしまうのは今だに、歴史のコントラストを見せる意味ある試合(特に節目の大晦日の年でもあるし)ではなく第一線で、チャンピオンシップを行うことに関してはいたずらに感動してられるものではないと思っている。
 
 日本のMMAがこうして独自にファイターの自己像を形成する公式を作り辛くしている要因をも、桜庭の経歴は示唆しているようにすら思う。「風が吹けば桶屋が~」みたいな話で恐縮だが、現在の石井と青木が隘路にはまり込んでいる一因に、格闘技におけるスター誕生の記憶を「プロレス(UWF)VSグレイシー」のようなナチュラルアングルによって勝利することで生まれる、ということに引きずられ過ぎているのではないか、という歴史の要因があるように思われ、思えば青木VSメレンデスもそういう初期PRIDE型のヒーロー誕生のコンテクストを踏襲したものだったが、運命が見事に人格を選ぶ結果になった。

 桜庭はそういう形で生まれた最初にして最大であり、そしてどうやら最後になりそうな日本MMAのスターの元祖であるがゆえに、「せっかく形成したファイター像を台無しにするような試合」という今年頻発した事象すら先行しているようにすら思えてきた。 もともとここ日本における格闘技ブームの核に、「高田VSヒクソンの、プロレスこそが最強の格闘技、という幻想を、ファイター像を、ヴァーリトゥードによって壊す=リアルな光景、つまり本物の闘い」みたいな感覚がいまだに無意識下にあるとしか思えず、だからそれがグロテスクにしか思えないのだ。


 この試合に関して、もはや決まった以上精微な競技能力上の予想ではなく、オレだけでなく誰もがそうしているだろう桜庭勝利の希望を寄せながら、同時にザロムスキーの打撃によって沈む姿というのも生々しく頭に思い描いてしまう。「適正体重での試合である」ということが、良い方向に導くことを願う。

<期待値>競技性12・因果性10・スター性14・歴史性14・総括性14⇒ 64
 
■DREAMヘビー級ワンマッチ
ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)vs石井慧(日本/アイダッシュ)

K-1ファイターがこうしてMMAマッチに出るたびに思うが、格闘技バブル時代の主要人物たるミルコ・クロコップやボブ・サップが全盛期にボーダーレスで闘っていくことで業界全体に熱量をもたらせるような選手でもない限り、哀しいケースが数多い。アーツVS大山。勝った試合は若翔洋。エロール・ジマーマンVSミノワマン。バダ・ハリがMMAに出ることが無いことを静かに望む。

 さてバンナはかつての大晦日で安田忠夫に敗北したり、秋山成勲と闘った当時は完全に無視されていたジミー・アンブリッツにMMAマッチで勝利していたりと要所要所で登場しているわりには、あんまり熱量に還元しきれている印象が無い。欠場してマヌーフが代役に上がることになったが、2年前の大晦日にMMAでのマークハント戦が組まれていたことの意味などは、他の試合にK-1VSMMAということで川尻VS武田などが組まれてる中で
、何故か何度もK-1で闘っているはずのバンナとハントがMMAで闘うことの意味は現在とっくに忘却されているが、しかし思い返せばK-1出身からMMAに行ったハントもMMA初戦は吉田秀彦の生けにえにされていたりとこの石井VSバンナの気配に近い試合があったりと、どうもハントとバンナはMMAファイターが名を上げるための箔付けにあてがわれやすい。

 今年のK-1でピーター・アーツがシュルトと死闘を演じたことに誰もが称賛を送る。その一方でバンナが京太郎との延長戦を行わずに試合放棄を選択したことに対して誰もが罵倒する。しかし、どちらにせよ自分にはこの二人が対峙しているものは、そのままだが老いとそれに伴う哀愁であって、その意味ではどちらも変わらない。

 このカードがもたらす熱量は低いだろうが、石井に甘い視点かもしれないが自分はここはもう割り切ってこれは来年に向けた「石井慧VSアリスター」への序章だと思うことにする。アリスターの吉本興業との契約でどれほどの宣伝の成果が出せるのかはわからないが、少なくともテレビに出てこられるファイターが限られるなか、実現は不可避なはずだろう。(いや、やらなかったら潰れるつもりだろう。)テレビでお互い名を売りながら対決の機運を高めていくという石井の対抗馬としてのアリスターによって、存在値を作りようのなかった石井が何とか救われるというのが来年からの光景になると思われる。そういう意味で石井が勝つことが前提の試合であり、老いに対して没落を見せることを選択したバンナの哀しみを受け取る試合だ。


<期待値>競技性10・因果性10・スター性16・歴史性15・総括性12⇒ 63


■DREAMヘビー級ワンマッチ
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリー)vsX(現時点で公式発表されてないが多分トッド・ダフィー)

 K-1を制覇し、吉本と契約に至り来年以降のテレビへの露出が期待されるアリスターが提示していることとは、結局ここ日本においての格闘技というものは、良くも悪くもこうした格闘技バブル式でなければテレビを始めとした世間と繋がっていられないということの意味だと思うのだがいかがだろうか?

 おそらくファンが石井慧に(無意識に・いたずらに)期待していたことを実践しているかに見える昨今の活躍の末に、遂にK-1GPを制覇し、吉本との日本独占代理人契約にまで至り、これから地上波の露出が期待されることは、もうすでに多くの人が思っていることだろうがボブ・サップのリメイクのようにしてこれからのアリスターを扱うのだろうということだけど、もう完全に消滅寸前と思われていただろう日本のテレビ主体のメジャー格闘技は、格闘技バブル型の世間への台頭の方法をなんとかこうして成功させることで、首の皮一枚繋がっていられるというように映った。

 同じくこの試合もさっきの、来年のどこかで組まれると思いたい「石井VSアリスタ-」の予告の一つとして見ていこうかって感じだが(やっぱ甘いか?)、しかし本当に「首の皮」なので、敗北なんてもってのほかで、完全に判定でなくKO・一本で石井アリスタの二人が勝つこと前提で話を進めており、こういう来年への予告編としての大晦日なんて見方で石井とアリスターのカードを見ているが、そこを落としたらホントに来年以降御破算になりかねないくらいものだとも思う。パッと見爆発力に欠けながら、ギリギリのところにある試合という。

<期待値>競技性13・因果性10・スター性18・歴史性15・総括性16⇒72

スポンサーサイト

Comments

お疲れ様でした!!
今年も一年ありがとうございました。

なかなかコメントできずに申し訳ございません。

桜庭…彼の闘い見てて一つ気付いたのは、
袂を別ちながらも「高田延彦」を踏襲したんだなと。
結果じゃなく、闘い続ける事…それが高田曰く「冒険」なんですよね。
おはようございます!今年もお世話になりました 

今日観戦してきます。来年の盛り上がりに繋がるような戦いが見れればなと思います!

では良いお年を。
>職務経歴様

ありがとうございます!

>紫レガ様

Uインターからの高田選手を見ている紫レガさんが、プライドで厳しい結果を突き付けられるショックというのは、今の桜庭選手を見つめる時の不安に似ているのかも知れません・・・
ザロム戦の結果は、結末を見せないようにする文字通りの中断を意味するものと思いました。

>H.T様

観戦お疲れ様です!記事を期待しております!(できれば観客の場の雰囲気などなどおりこんでくれると嬉しいです!) 

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。