オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


日本の誰が為にストライクフォース・トーナメントの鐘は鳴る?

Category: MMA   Tags: MMA  SF  格闘技史  
バックス
~直感による予想~
<<×ヒョードル(2R TKO)○アントニオシウバ>>
<<○アリスター(判定)×ヴェウドゥム>>
<<○アルロフスキー(判定)×ハリトーノフ>>
<<○ジョシュ(2R 一本)×ロジャース>>


 あえて、こうした括りで書くが、日本のプロレス・格闘技史というものを把握するときに、決まり切った形、スポーツとしてのいちジャンルとして見ているのか、それとも変化していく歴史の流れを見取る意味で見ているのかによって変わってくると思う。大ざっぱに例えて、雑誌で言えば前者の見方が「GONKAKU」、後者の見方が「kamipro」だろう。

 日本のプロレス・格闘技の特殊性、または脆弱なところは今だにスポーツとしての価値を高めていくことに難航していて、漠然とした意味や歴史の変化の方にウェイトが置かれている点だろう。今更も今更だが格闘技は限りなくスポーツに近づくことはあるが、スポーツにならず、逆に他の野球やサッカーなどの純スポーツを越える部分としてそうした歴史性や時代の変化の盛衰のふり幅によるドラマの強さが、並はずれている。

 とは言え、そんな日本格闘技の現在はどういう受け取られ方をされているのかな、なんて思う。PRIDE終結に伴って格闘技ブームが下火んになることによって、どこら辺をこの格闘技史の流れの源流に設定するのか、戦後の力道山か、その後の猪木か、または大山倍達などなどどこをメインストリームに置くかは人に寄るだろうが、そうした時代からのドラマの流れが断ち切られているのが現在、という感じを少なからずファンは感じてると想像するが、まだMMAが現在のような「様々な格闘技のエッセンスを受容した新興競技」でなく「様々な出自の格闘技の選手が最強を競うドラマを繰り広げる場」として受け取られていた、PRIDEのころは、少なくとも自分は見ていてプロレスや空手、グレイシーなんかがずーっと別の仕掛けや戦略によって「最強」を名乗っていたことを解体させてしまった、とも思う。




 ストライクフォースのトーナメントは、少なくない人が思っているようにPRIDEを思い起こさせる雰囲気を持っている。ヒョードルの再起戦、アリスターへの騒乱、ジョシュへの期待などなど日本でも旧知のスター選手らの闘いが行われることに対して、今の日本格闘界から失われ、かといってガチガチのアメリカの価値観によるUFCには乗り切れないという気分を、半ばノスタルジックに補完させる意味の強いもののように見える。

 今現在、「変化と進化の歴史の先端」を眺める意味での格闘技、という視点からだと、「日本国内で立ち行かなくなっている現状で、アメリカをはじめとした海外との感覚の距離感を探り直す」という、現実に様々な分野の国内市場が縮小している中で諸海外と取引していかなければならないという今日的なテーマに接触している面が、日本格闘技VS北米MMAにあるように考えているが、一方での型やスポーツとしての「MMA」という視点はどうなんだろうか、というのも先のテーマと重なってるように思う。

 そういう風にもう、漠然とした言い方で恐縮だがどんどん割り切られていく中で、正統性とか不当さとか曖昧な意識の中で「最強」を見立てていた時代というのは穏やかだったな、と思う。このSFのトーナメントの気配はちょうど今の日本格闘技のハッキリとした「日本か米国か」「興行か競技か」「正しいのかうさんくさいのか」といった対立のちょうど、中間にある。そのことがどこかレトロな空気を感じさせる。

 
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR