オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


GSP・パッキャオ・歴史を更新する米国、その時の流れの速度は

Category: プロ格闘技   Tags: MMA  UFC  ボクシング  GSP  パッキャオ  
ガチャ

<<UFC129・「パッキャオvsモズリー」など5月初頭の格闘技の展望>>




<<MMAの洗練を予期させるGSP対シールズ>>

 UFCが牽引するMMAの歴史更新の速度はストライクフォースの買収のトピックスによって、これがいよいよ最高速度に入ったのかそれともこれもまだ入り口でしかないのかは定かではないが、今年のエドガーVSメイナードやアンデウソンVSビクトー、ジョーンズVSショーグンを見てるだけでもそれぞれがMMAの歴史更新を示唆する試合内容となっており、興行力・競技力ともに全盛期に入った格闘技団体がほぼ確実に発言する「敵は野球、サッカーなどのスポーツ」という言葉を代表が言ってしまっているあたりに、現在のUFCの速度が分かると思う。

 ボクシング界へのコンプレックスの背景が想像できるダナ・ホワイト、南米ブラジルの黒人にしてパウンド・フォー・パウンドの呼び声高いアンデウソン、そして、MMAの技術の洗練を一身に体現しているようにさえ映る北米カナダの白人GSPたちが中心となって、現在のUFCが構成されているように映り、GSPやエドガーとメイナードがMMAのフォルムの極限の完成形の一つを提示したかと思えばアンデウソンやジョーンズらがそれを覆していく、洗練と完成の隙間を突くかのような試合を展開し、それらの相克によってUFCが加速していっているように見える。北米・南米、白人・黒人、メソッド化か個人技か、などなど。

 今回のGSPの挑戦者ジェイク・シールズもまた、MMAの技術の洗練の側にある選手だといえ、GSPとのタイトル戦は非常に似通ったパーソナル同士の闘いになると思う。MMAという競技をさらに洗練させた、一つの構造さえ垣間見えるくらいの領域の見える試合になればすげえよな、と思う。K-1でアンディ・サワーVSキシェンコ、ダニエル・ギタvsグーカン・サキみたいな領域に入ると、無論詰めて見た場合の異論はあるだろうが競技力の完成と拮抗によって試合がクラシックバレエみたいな一つの構築物のようにさえ映る瞬間があり、MMAにおいてはエドガーとメイナードがかなりのところまで持っていったと思うが、この二人の試合なら完全に技術体系化された世界のMMAの仮説くらいは見られるのでは、という予感はある。

 真面目に試合展開を予想するとシールズとの組みをどれだけ避けながらGSPが打撃を与えていくのか?という基本の展開で、もしかしたら早期にGSPがKOしてしまうかもしれないし、シールズがいかにして組みの能力や自分の距離を上手く保ち、試合の構成能力の高いGSPを自身のゲームに引きずりこめるだろうか、ってとこか。

<<ボクシング史のパッキャオの意義とは?>>

 格闘技でヘビーに至上の価値を置く、というのは選ばれし体格を持つ人間が世界最強の人間を見せるというスケールとダイナミズムを誰にでも理解させるということで重要なのは分かるし、興行主が成功のためにまずヘビーの成功を目指さなければならないといった興行上の定石ということでの理屈は分かる。でも正直ヘビーという階級単体でのリアリティはどれほどのものかという感覚も同時にある。

 ここはザルだが今現在のボクシングの「世界最高」とはなんだろうな、と少し考える。競技として歴史あるボクシングヘビー級こそ世界最高である、というのは分かるが、その価値というのがどれほど重宝されてるのか、クリチコ兄弟の意義は今現在の世界ではどれくらいの意味なのかは今一つわかってはいない。去年見たドイツでのクリチコvsブリッグスの会場を見る限り、ヘビーの世界戦の価値のでかさはボンヤリとは分かるんだが。
 
 ザックリとウィキペディアで調べてみたところ、アジア人の6階級制覇、という競技上の結果以上に、バレラやデラホーヤなど名のある選手を撃破していくことで名を上げていったことで世界タイトルにこだわらなくなり、階級上の選手とビッグマッチで闘う方向にした中で、結果的にタイトルが付いてきた、ということから現在の価値があるらしい。

 こうした経歴から漠然と見えるのは階級による価値に居座らずにむしろ各階級のスターを撃破するようになっていったことに見られる、それを実現できる技術と選手としての進路のボクシング史の裏を突くかのようなあり方で、おまけにそれを実行するのがアジア人である。そのあたりがこの選手のスター性のベースメントであり特異な点であるのだと思う。
 
 パッキャオがやはり思うに現在の世界でのボクシング史に大きく関わっているのには違いなく、そしてそれが近代ボクシング史へのカウンターとなっている点が重要のように思った。

 
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR