オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


RIZINと神の階級の現在

Category: MMA   Tags: ---


 廃墟は心の奥にもあります。

 RIZINはIZAの舞以降、よい評価は聞かない。案の定カードが開催一月前になっているのにかかわらずロクに出てこないなんて昔からの不満も引き継いだままだし、ようやく一個発表されたと思ってたら桜庭&所英男vsヴァンダレイ・シウバ&TBA、しかもグラップリングマッチという意味不明ぶりである。10キロ前後のウェイト差のある桜庭とシウバのライバル関係なんていまからしたら成り立たないめちゃくちゃなものだが、いまだ引っ張っている。

 RIZINは思ったよりも余裕も手札もないのかもしれないなと総じて期待が低くなっている現状なんだけど、それでも唯一RIZINのやりたいことを見つめると、案外面白いところはある。それはやっぱり、トップの榊原氏が常々言ってる「興行には神の階級ヘビー級の成功が必要」というやつだ。

 ヘビー級は競技環境が整備されていくとともに味気なくなる…かどうかははっきりとは言えないのだが、すくなくともUFCではなかなか新鋭が出てこない状況になっているのは確かだし、ボクシングでは長らくクリチコ兄弟が支配的になっていたりする。競技環境が整っている興行格闘技のトップがボクシング(といってもこれも領域によるけど)とMMAくらいしかないから、はっきりとはいえないけれど。大相撲なんかはきりきりのところでスポーツ的な価値基準をずらし続け(あの八百長の有無すら含めてね)、神事とか伝統そのほかなんとやらで神の階級が味気なくなるのを防いでるんだと思う。

 RIZINはヒョードルや桜庭、ヴァンダレイとPRIDE時代の顔をまずフックにしているけれど、当然そんなのは早晩終わってしまうことはわかってるのだろう。で、本当のところはおそらくヘビー級トーナメントから新たに独自の顔役となる選手を立ち上げていきたいんだと思う。

 それで今の手札で一番可能性があると運営側は考えてるんだとおもうのが、石井慧を秒殺したイリー・プロハースカなのだと思う。すでに名のあるキング・モーにトーナメントを優勝されちゃったけど、決勝まで勝ち残ったし一番可能性ある無名という手札になってるんだと思う。今回藤田を当ててメインにしたというのにうんざりしている意見も少なくないのだが、これはたぶん往年の桜庭vsシウバ理論に基づく立ち上げかたなんだろうなあと思ったのだった。

 なんだ桜庭vsシウバ理論ってって話だけど、用は名のあるスターを無名だが強い選手が圧勝することで名声をかっさらっていくみたいなことだ。興行格闘技を普通にやっていて、外国人選手がきっちりキャラとして認識されることはまずない。日本の地上波で放映されるボクシングの世界戦で、相手選手が誰なのかを認識して観れるのはハードなボクシングファンくらいであり、たとえ日本人チャンプが敗戦しことで相手選手が強く認識されるなんてこともなかなかないくらいだしな。

 まあボクシングとMMAでは興行の形態が違うので詮無いことなんだけど、プロハ-スカが今石井と藤田を倒した(あっもう勝つこと前提で話進めちまった!)ことでネームバリューがどれだけ上がるのかなんてのもやっぱり期待できないとはいえ、RIZIN榊原氏が信じていることはうっすら見える気がする。

 神の階級は格闘技全体の現実からしたら、もしかしたら前時代的なのかもしれないが唯一RIZINに可能性があるんだとしたらそこにかかってるんだと思われ、プロハ-スカには思った以上に期待がかけられているのである。廃墟はベーグル製に変わっていくのです…

コンディットとローラーによって、ゆるやかに年末の酔いから戻る

Category: MMA   Tags: ---


 廃墟から残影拳を放っています。

 年末年始のお休みが終わりに近づく中、田中路教選手がジョー・ソトに勝利した試合を観て、ようやく心地よい悪夢みたいな年末のRIZINから日常に戻ってきた思いになりましたよ。それにしても有力な日本人選手である田中と石原夜叉坊が並んでいるシーンを観て、なんだかんだで有力な20代の日本人選手はUFCに行ってる事実に思うところあるのでした。パンクラスを主戦場にしてるISAO選手もベラトール行ってましたしね。
 
 対照的に30代を過ぎたDJ.taikiや高谷(もう40近い!)、ウィッキーなど中堅選手や、トップどころのはずの青木などが実力や進退の問題でUFC(またはベラトールでもいい)におらず、RIZINにいるというのはまあなんというか。ものごとというのはよく出来てますね。

ロビー・ローラーvsカーロス・コンディット

 さて新年一発目のチャンピオンシップです。両者とも疑問の判定が尾を引きながらも、実際のところは数々の名勝負や劇的なKO勝利を生んできた選手同士なのです。

 想像を絶する激戦の後半に至るまでには、やはり序盤の制空権の握りあいが大きく関係あったと思います。試合開始当初こそローラーがプレッシャーをかけていたのですがコンディットのカウンターがヒットしたあたりから一転、試合のイニシアチブは逆転します。

 コンディットはローキックとハイキックを多用します。これは多分、KO狙いというよりも動きを抑えることや、意識を散らすことによってローラーの攻め手を潰していると思われます。真にKOを狙ってるのはこうして出足が無くなったローラーが追いつめられる、または無理に出たところにパンチを打ち込むことではないでしょうか。

 実際後半に行くにつれ、かなり追いつめていく。コンディットのラッシュが入ったときにはこれは王座が動くか?と思いました。しかしそれを、前回のマクドナルド戦の時と似たシーンでもあったことを観てるこっちは忘れていたのです。ラウンド終わりまでラッシュをしのぎ、インターバルを経たあとには、ポイントも含め追いつめられたと感じたローラーは前に踏み込むのでした。すでにフィニッシュ直前までの手ごたえを得たコンディットは、もはや制空権を握る意識から変わっています。結果、カーディオを振り絞る壮絶な打撃戦が最後に展開されたのでした。

 ローリーマクドナルド戦に続いて、ローラーの試合が魅力的になってしまうのはなぜでしょう。最初追いつめる、しかし隙を突かれて劣勢、もしかしたらこれKOになるのでは?と後が無いかもというところまで追いつめられます。相手も「これはいける」と制空権を打つ打撃から一転、フィニッシュに意識を変えます。ところがそこでローラーが出てくるので、後半に激戦になる。…のでしょうか。 ローラーがもっと賢くやれれば、と思うのは野暮ですね。結局その人となりがパフォーマンスでもあるのでしょう。

 以上、廃墟からサニーパンチを打ちながらでした… 後は新日本の1.4を観ればいい感じに日常に戻れます。

RIZIN・IZAの舞のMVPは彼女だよ

Category: MMA   Tags: ---
 あけましておめでとうございます。廃墟から日の出を待つ間に軽い書き散らしをしています。

Continue »

桜庭和志を見るのは常に評価と現実の誤差が大きすぎるから苦しい

Category: MMA   Tags: ---
20151229-00000531-sanspo-000-3-view[2]


 廃墟から腹筋をしています。

桜庭和志vs青木真也

 
 レジェンドなんて称される選手には、どうしても今現在だって恵まれた環境の中にあるのではイメージがある。だがしかしそんなことはなく、歴史的な評価の一方で現在の環境はそれに及ばないなんていうのはよくある話だ。青木は当然トップの練習環境を揃えてるし、セコンドも北岡悟らが揃ってる。しかしいっぽうで桜庭は、とてもレジェンドと呼ばれる選手とは思えない練習環境なのではないかと思うのだった。


 桜庭を見ていると常に評価と現実の誤差に苦しめられる。グレイシーハンターだなんだってあんな評価されてじゃあいまジムは儲かり弟子はMMAにて活躍しているのかっていったら全くの逆だ。立ち上げたジムのLaughter7は畳んでしまい、MMAの試合は2011年のDREAMのヤン・カブラル戦を最後に4年のブランクを開ける。その次なるキャリアは新日本プロレスに参戦。同じく戻った柴田勝頼がそこでの文脈に乗りいきいきとしているのと対照的に、その存在をいまだに適切な文脈に乗せきれないでいる。

 では桜庭を本当に評価できる文脈に乗せたところが旧PRIDE陣営のRIZENなのかというと、青木戦を眺めてみてここですらそうではない気がする。

 桜庭・青木、そして高田延彦はまるでPRIDEを自分のホームだ、死に場所だよみたいに表向き演じているけれど、全員に共通しているのは実際にはほぼ一切としてそこに思い入れなどなく(たしか高田の発言でPRIDEに関してもう特に思い入れないという発言あった気がする。)、平然と切ってきたということだ。佐藤大輔はじめPRIDE制作陣営はさも桜庭も青木もPRIDEの顔、彼らはここがホームなんだと言う風に描くけど、実際は真っ先に出ていったのも彼らだしな。しかし、高田延彦は全く本人には文脈が無いけど、往年の宮戸から安生、そして榊原信行からハッスル時の山口日昇まで他人に演出されることでさも何か物語や文脈があるかのように感じさせるのが凄いね。(ついでに小川直也もね。)

 桜庭のキックをかわした青木はタックルからロープに追い詰め、すぐさまにサイドポジションに繋げるテイクダウンを成功させる。リングを舞台に実行されたそれは、かつてDREAMでロブ・マックローを下してきたときのような必勝のムーブだ。完璧に決まった。しかしそれをレスリング出身の桜庭がやすやすと許している時点で勝負にならなさも痛感させられたのだった。


 BJペンとフランク・エドガーの最後の闘いを遥かに超える、もはや競技力に話が及ばない覇気の差を感じる。しかしエドガーとペンの場合はお互いがまだまっとうな環境が揃っている者同士だ。桜庭の敗北があまりにも悲しいのは、競技能力以上に現在の環境があまりに悲惨な現実が垣間見えることだ。とてもレジェンドという評価に見合うものではない。

 それはフィニッシュに現れた。青木陣営が強固なセコンドを揃えており、「自分が格闘技ゾンビ(たしかKO負け癖がついて競技能力もガラガラなのにいるのに試合に出続けるような状態のことだったと思う)になったら辞めるようにいってくれ」というようなことを言い合っている北岡悟らが揃っているのに対し、桜庭のセコンドがまるで選手を守る動きを出来ていない差だ。

 動きををマウントからパウンドを打ち続ける青木が、桜庭のセコンド勢に向かってタオルを投げるように吠える。桜庭自身がセコンドに「止めるなよ」と言っているのかもしれない。なんにせよ、そして「青木に桜庭からバトンが渡ったね!」と発言した高田延彦はおそらくMMAは今日まで一切観ていないと思う。


 桜庭に(くそみたいなファンが難得できるような)適切な舞台はプロレスなのかMMAなのか?時間が経ち、プロレスはプロレスでMMAはMMAと明確なジャンル化がまとまった今、納得できる舞台はもうどこにもない。ならUWFとかIGFみたいなスタイルかというと、そこですらホームではない。もともとの桜庭自体がやれプロレス最強がどうたら、グレイシーがどうのみたいな先入観を現実的な技術で打ち破り評価を挙げたからだ。ではどこにもホームはないではないか…やはり桜庭は評価と現実の悲惨な誤差を観客に見せ続けることになるのか…

 それにしても佐藤大輔煽りで「新日本プロレスは~」って嫌味言わせるくらいには新日本は本当に蘇ったんだなと思ったよ。以上、廃墟から気功をしながらでした・・・

曙VSボブ・サップは思ったより面白くなるよきっと

Category: MMA   Tags: ---
1213802185.jpg

 廃墟からの書き散らしです…

 廃墟といえばRIZENはそのまんまPRIDEとDREAMはじめメジャー格闘技というものの廃墟にスポットライトがあたったようなものだ。引退したはずのヒョードルから高坂剛(こっちは自発的なんだけど)などなど、往年の人気選手の復帰など、ネームバリューに頼り競技的な見どころは少ない。

 その中でも曙VSボブ・サップには、もはやあきれかえっている意見があふれた。かつてライバル側にあったはずの切り札のマッチメイクが、時を経て当時批判していたはずの榊原信行が使い出すってのもふくめて重層になっているというか。

 とはいえ、オレとしてはこのマッチメイクは思ったよりも面白いのではないかと思っている。もちろん、競技的にということではないけれど。


 かつて2002年にボブ・サップがK-1から芸能まで含めてバブルみたいになっていたところを、翌2003年のKー1にてミルコに完敗。膨大な体格差を武器にホーストまで破ってしまいうほどだったが、だんだん格闘技の実力に疑問が生じ始めてきて大ブレイクの終わりの影が差し始めていた。
 
 しかしまだ前年からの話題性が残っている頃に、更に話題性のある選手をもっとも世間の注目が集まる大晦日にぶつけるえげつないことが起きるのだった。それが横綱・曙の格闘技界への転向だった。

 この2003年はK-1も大きな変革が起きていた。石井館長の脱税事件によって谷川貞治がイベントプロデューサーを務めることになって以降、K-1はモンスター路線と呼ばれる、話題性を先行しようとしたクオリティの低い興行の方向になった。その方向の代表的な試合こそ、曙をサップにぶつけたこの試合だった。

 この試合は視聴率で紅白を超えたと言うテレビ番組の伝説が残った。だがその内情は話題性のみが先行し立ち技の競技能力がないふたりの対戦は、曙の前のめりの失神の映像への失笑で終わっただけだった。



 それから歴が一周した現在。曙もサップも格闘技ビジネスの特にえげつない谷川政権時代のK-1の只中にて紆余曲折あったせいなのか、大ブレイクが去って以降の彼らの道のりには哀愁や失笑がつきまとうことになった。一発屋の芸人でもなんでも注目が維持できなくなったひとのその後にはそれはつきまとうものだが、格闘技になればそのまま勝敗やパフォーマンスの結果が目の前
に現れる。

 ボブ・サップはそのネームバリューをまったく別の形で使うことになった。世界各地のMMA興行に出場し、おそらくはわざと負けることで金銭を得るようになっていた。いっぽう曙はある時点から格闘技から離れ、プロレスの方に行った。 

 サップも曙もメジャー格闘技興行のビジネスの中で使い潰された形で、ある時点から格闘技ビジネス事態に関して何らかの距離をとったスタンスにあると思う。2003年の時のような膨大に膨れ上がった見返りが今回あるわけではない。格闘技ビジネスによって有名になり、うんざりしながら小賢しくつきあっていき、いままたRIZENで遭いまみえるのだ。

 ということでオレのこの試合の予想は高田延彦VSアレクサンダー大塚のような、しみじみとお互いの立場をわかりあっているというブルージーな試合展開になればいいなと思っている。勝敗は問わない。廃墟からでした・・・

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR