オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


子殺しと仲間殺し

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
ネオンライト_copy

 
 
 廃墟からファイヤーバードスプラッシュを演じています。

 日本の興行格闘技における「闘い」というジャーゴンは、単に試合を消化していくことだけではなく、様々な意味での主導権を握ることや、プロレスや格闘技という枠内を超えていこうとする意味で使われてきたと思う。だが現在「闘い」と思い込んでやっていることが、結果的に身内のみを刺してしまっているような泥沼しか見当たらないのである。


 元ゴング編集長である金澤克彦はそのえげつなさを一冊の本にまとめた。それも1999年から2009年くらいまでのアントニオ猪木が、総合格闘技に関わりながら古巣の新日本プロレスに関わっていったことで、新日本に長い迷走期をもたらしたことを取り上げた「子殺し」という鮮烈なタイトルでだ。「プロレスラーは強くなくてはならない」ということが、シンプルに興行としての主導権を取り戻していくことを示すのではなく「だから総合格闘技でも強くなくてはならない」と長らくずれていた、ということで猪木のコンセプトから永田、中西などなどが悲惨な目に合ってきたことでこうしたタイトルになったんだと思うのだが、ここに「闘い」だと思い込んでやってることの実態が、身内を潰しているだけだったという後味の悪いものになっている。


  時は立ち、子殺しの猪木はIGFを立ち上げる。その間にPRIDEも潰れ、格闘技バブルは一発のスキャンダルから殆ど自滅みたいな形で終わっていった。その後継団体DREAMでは青木真也がエースを張った。しかし、そこで最も力を発揮したのはJ.Zカルバンとの試合でもアルバレスの試合でもなく、川尻を秒殺したときや、シャオリンを完封したとき観客に向けたマイクのとき。そして戦極との大晦日で廣田の腕を折ったときのように(ほぼ)同じ日本人の身内や仲間、業界内部の諍いのときである。本当にそういうシチュエーションのときに試合内容を超えた反応が生まれる。


 やがてそんな仲間殺しが子殺しの団体に参戦するようになり、いままたPRIDEの後継団体RIZINにて佐々木を打ちのめしたクルックシャンクの青木挑戦のマイクに対して物をなげつけたりするのである。だが現実はクルックシャンクVS青木の機運は上がらず、結局解説席にいた川尻に投げたものが当たり、Twitterみたいな場でファイターからファンが何一つ本質(興行に行きたくなるとか、クルックシャンクvs青木が観たくなるとか)に関係の無いことでいがみ合うのである。

 
 「闘い」とは均衡を破ることや主導権をとること、その他多くの意味で使われてきた。オレも仕掛けていくことは正しいと思う。でもいまは、子殺しを行ってきた男の団体の行うそれは結局身内以上のものにはならないし、そんな団体に出るようになった男が退屈になってしまった興行で均衡を破るために仕掛けたその効果も身内同士でいがみ合う程度のことにしかならなかったのである。なぜなのだろうか。

 みんな本当に「水を入れたままのペットボトルを投げるなんて人として最低だ」とみたいなレベルで話題にすることは悲しくならないのか。オレはこんな書き散らしをやりながら哀しくなってきた。じゃあ書くなと言う話なのだけど、ここは廃墟なのだからこうした崩壊に引っ張られたというだけなのです…

 

UFC200って記念大会のメインがこれって7年前のUFC100に申し訳が立たないのかと思って振り返ったらレスナーvsミアが売りになっていました

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---


廃墟はいい。誰もいない。

 UFC200がマクレガーvsネイトというのは本当にどうしてしまったのだろう。スター選手の黒星修正マッチの類なんだろうけど、GSPvsマット・セラとはわけが違いすぎる。というのも、二人とも本来の階級じゃない試合をするようなのだから。あれだ、アンデウソンもニックにもしも負けてたら再戦やってたのか?

 興行寄りになることでもういっこヤバいなあ、来るとこ来たかもしれねえなあと思うのはこうしたマッチメイクに伴う、エドガーvsアルドの暫定チャンピオンシップ。興行優先になることによってだんだんとチャンピオンシップの意味が空洞になっていき、リテラシーの高いファンが正統な王者の系譜をどうたらみたいに見立てていくみたいなことに興行論と競技論の歴史の果てにボクシングはなっていったわけなんだけども、構造が違うとはいえ団体型の運営であるMMAにおける、競技の環境やらが決まったかな~と思いきや、興行の問題で崩れる形はこうなるのだろうか。

 やっぱり興行と競技の問題で、(それは単にスター選手の有無や享受どうたらというレベルではなく)競技環境が保たれたままの興行いうのはまれなのかもしれねえなあ、どのみちグダグダの状況には出くわすよなあとも思う。なんて言っても、ドラッグテストの環境をはじめ、ここ数年でそのあたりの環境の整備はめざましいわけだし、まあちょっと過渡期(ずるい言い方)なのかもね、以上、廃墟でバックキックをしながらでした…

安藤晃司シンガポールの決戦

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
20140729122151d73.jpg

 ONE FCで青木真也vs安藤晃司が決まった。

 久々に刺激的な日本人対決だ。ここ5年くらいのメジャー崩壊後の日本MMAで、非UFCで有力な選手が行き着いた先の対戦。ここにちょっとした因果な面白味がある。この面白味は非UFCというか、非北米MMA的で長らく見てない日本MMAの延長みたいなものだ。IGF山本勇気戦を必死で面白がらなきゃならない貧しさよりは、地味だが豊饒だ。(あんな試合を立てるために「石井vsミルコは誰も話題にしてない。話題になったものの勝ち」みたいに言ってる人はもうまともにものを観ることから降りてるんじゃないの)


 色々感慨深い…日本人選手でメディアでも大きくフィーチャーされるのは当然修斗~PRIDE武士道・HERO’sそれからDREAM、戦極といった今は亡きメジャー興行でトップ戦線にいる選手だ。対してメジャーで契約を結べなかったり、または結果を残せなかった選手がキャリアを伸ばしていく先は、中国や韓国をはじめとしたアジアでの興行で闘っていくことだった。

 メジャー興行があった時代、アジアMMAに関してはメディアの取り上げ方も傍流だった。中でもアジア界隈で結果をだしていた選手として韓国ROAD FCでチャンピオンシップを闘った久米鷹介、そして今回の主役である中国LFCでチャンピオンとなった安藤晃司が思い浮かぶ。


 間もなくメジャー興行が壊滅し、国内のMMAはVTJなど再編が進む。北米MMAがトップとしてMMAの道筋を作る。一方、そんなルールに適応しアジアMMAは進歩していく。旧DREAM勢はシンガポールのONE FCに多くの選手が契約し、非UFCの中のメジャーの場(おかしいかな?この書き方も)みたいになってる。

 青木真也と安藤晃司の対戦はオレにはドラマティックだ。日本MMAの主流と傍流のキャリアを積んできた人間同士の、近くて交わることが考えにくかったもの同士の邂逅だからだ。なんなら佐藤大輔にでも煽って欲しいくらいだ。あとは北岡悟vs久米鷹介なんかも実現しねえかな?


 もう一つの面白味と言えばふたりのベースとしている格闘技には柔道があること。一方は柔術に移行して高速で自分の優位なポジションに移行できる正確さと強さを持つ。同時に、勝機を見れば高速で関節技に向かうフィニッシュへの処理速度を持つ、今考えても異色で異形なタイプ。一方は秋山成勲~中村カズといった柔道型の体幹の強さベースで打撃戦と組み技でイニシアチブを取るタイプであり、これまでもこれからも柔道→MMA転向でありえるだろうタイプだ。

 試合展開を予想するに安藤晃司の苦難は容易に想像できる。青木が対日本人で見せる競技能力以上のドメスティックな残酷さはずっと記憶されてるだろうが、ここは傍流の静かな逆転を望む。


 

MMAドラッグトラブル

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
MG_0425-800x533.jpg

 メインカードでの選手の怪我が立て続けに起きた時だとか定期的にUFCでは試練のようにトラブルがダマのようになって襲い掛かるのだが、今回は最大最悪の部類だろう。

 P4Pのトップであるジョン・ジョーンズはコカイン使用で人知れずぶっ飛んでいて、アンデウソンは禁止薬物の使用が発覚。ニックとの再戦の結果は凡庸どころかひどい結末となったうえにこれまでの偉大な戦績さえ疑惑の影が生まれる。すでにUFCを離れたジョン・フィッチからも薬物使用が認められた。ジャンルを牽引するはずのスターが立て続けに起こしたスキャンダルにえらいことになっている。

 とりあえず今回はコカインやマリファナでやけくそに、なジョーンズやニックのケースではなく、やはりもっとも問題であるアンデウソンを通してドーピングの件にクローズアップしたいと思う。

Continue »

がっがが、巌流島!?馳浩?谷川?ちょっと待て魔裟斗?!なんだこれは!

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
ooooooo.jpg


新たな異種格闘技イベント「巌流島」発足 谷川貞治氏とフジテレビが再び合体

 !?


 いやタイトル画像でもでっかく”!?”ってやってるから何度もやるこたあないんだが、それにしても今何をしているやら休眠中であった方々が久しぶりに陽の目を見たと思いきや、まさかこんな形かよ!イベント名ひでえよ!

 K-1のエグゼクティブプロデューサーを辞任して以降何をしているやらと思っていた魔裟斗、そして谷川貞治。FEG倒産後、再びメディアの道に戻ったのかweb上で「タニーズラボ」をスタート。しかし1年もしない内にコンテンツはストップしてしまい、FEG時代の内部事情ネタなどをかみぷろ(これも関わる格闘技イベントが終わってメディアに舞い戻った山口日昇と柳沢忠之が立ち上げたサイト。しかし現在はニュースにツッコミ、ネット有名人に何故かインタビューサイトに・・・)などに寄稿してるなんて状況になっていた。

 そうした路線になるかと思いきや今回の復活。その記者会見の写真は異様であり一瞬理解が及ばないのは元プロレスラーの議員、馳浩に魔裟斗、千原ジュニアという組み合わせでありどう考えても瞬間的なものの気がしてならない。馳浩の発言なんか読むとどうも別の目的があってその腰掛けの意味でやってるようにしか見えないのだけど。だって「ラグビーも強いなどそれぞれのジャンルを極めた方たちに参加いただいて~」って本当にそんなこと思ってるわけねえだろ!

 ”巌流島”のコンセプトを眺めるにこれはタニーズラボでやっていた読者参加型の議論で格闘技を決めていくというそれなんだが、これがなんとテレビ番組で行うと言う。だから千原ジュニアかと思うんだけど、謎なのは格闘技に関しては未だこれが一歩昔のパロディではなくマジなのかよということだったりする。

 今「柔道家とラグビー選手が平等に力を発揮できるルールは~」ってのは格闘技の真剣勝負の形を探るマジじゃなくて、もういま格闘技の真剣勝負の形を探るパロディをやるために考えることだろこれ。千原ジュニアがマジメな顔してそんなのやるの?こういうのを見るとやっぱり元DDTのマッスル坂井を思い出して懐かしむんだが、プロレスは一段上の位置からパロディで見つめるとか出来るけど格闘技に関してはいつまでも真剣なまなざしでおかしなことやるのか?というか…

 しかし、馳浩も谷川もまあいい。謎は魔裟斗だ。どう考えても競技サイドの指向だと思うんだがそうでもないのか?これもどう見ても客寄せの顔役としか思えない。須藤元気といい、意外に引退後にも活躍が見込めるかなと思われてた人材がほとんど顔役で終わってるように見えてならない。オレはもう武井壮vs室伏幸治が接戦を行えるルールが構築され試合が実地、そこで千原ジュニアとかロンブー淳や有吉が熱く笑いながら見てるという気が付けばクイズタレント名鑑に変わってるという展開のみに希望をかけるのだった―

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR