オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


ひっさびさのプロレス話一題 新日本ブシロード時代・レインメーカーの質的変化

Category: プロレスの生む物語   Tags: プロレス  ブシロード  オカダ・カズチカ    スターの顔  
P1010397.jpg

 新日本がユークスからブシロードに移って、木谷社長のこれからの新日本をどうしていきたいのかという戦略を聞いたインタビューも数多く見られ、その直後のIWGP戦にて24歳のオカダの戴冠と言う流れを持って、見事なまでにこれも時代の質的変換、新陳代謝というのが行われているなと思った。

 プロレスは10年ごとに変わるとはよく聞くけど、思えば様々な年代でのスター選手の顔によって大体その時代の質が見とれると思う。では今回スターに押し上げられたオカダからは何を見とれるのか?ということでなんだかんだでこれもまた新しい10年間に向けての時代の質的変換ネタエントリ。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

ドラゴンゲートとDDTの食卓

Category: プロレスの生む物語   Tags: ソウル・フード  飯野賢治代表作的なタイトル  目分量  
P1010392.jpg

まず今回のエントリを読む前にこれらをご用意ください。

・豚肉1パック ・長ネギ1本 ・にら一束 ・白菜(またはキャベツ)半分くらい ・えのき ・しめじ ・みそ ・出汁用こんぶ ・にんにく ・しょうゆ ・みりん ・日本酒 ・塩

Continue »

IGF真の主催者は誰なのか?・あらゆる差異が乱立するテクスチャープロレス格闘技大会

Category: プロレスの生む物語   Tags: IGF  ミラン・クンデラ  ジャン・リュック・ゴダール  クエンティン・タランティーノ  コーネリアス  スクエアプッシャー  須田剛一  ロックスターゲームス  
P1010282.jpg

 UFCが到達させつつある、あらゆる格闘技の差異を技術的な融合・混合という洗練によって無くしていくMMAの光景は、興行格闘技史上もっとも「スポーツ」という、人種・民族・思想・宗教からジャンル自体がもつ効用にまで近似していくことによって確実にグレードを上げていると思う。コアなファンが願う「新興格闘技のスポーツ化」ということの、一つのある答えに辿りつきつつあるというか。。(そして、世界の立ち技は上位コンテンダーの試合の質がかなり美的な構造になろうと、スポーツ化という点で競技人口や興行力などなどMMAに3馬身差つけられているかに見える。)

 しかし、極北に行こうとするそんなMMAを見る一方にて、格闘技の性質として、様々な武道の目的である「異なるものを制する」ことだとか、少し昔の「異種格闘技戦」「ヴァーリトゥード」みたいな様々な格闘技や人間の差異との闘いによるドラマの喚起能力ということがあると思われ、それこそが格闘技が「スポーツ」の盲点を突く点であり、「スポーツ」を越える点で、「スポーツ」になり切れないボンクラなB級ジャンルに甘んじる点であった、とも考える。

 そういうことを思いながら見たIGFは、もうビックリするくらいのあらゆる差異の乱立ぶり。かつて「プロレスは総合格闘技の要素がある」という、混合格闘技(MMA)ではないタペストリーによる、もうひとつの興行格闘技の極北から、このジャンルのひとつの真実をみた思いになったのだった・・・ということで<<IGF 見立ての格闘観戦記録>>

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

世界の全てのプロ興行格闘技史上の、「アントニオ猪木」

Category: プロレスの生む物語   Tags: プロレス    事件  
P1010314.jpg


IGFにK-1ファイターが集まってきたりしていることに対して、今のファンであることが既にマニアの意識に近いであろうプロレスファンがそれだけで振り向くことはないし、今のファンであることが既にマニアの意識に近いであろう格闘技ファンはそれだけで嫌悪感を時に見せることもある。

 2000年代格闘技バブルを過ぎた後の猪木はシーン全体を巻き込むようなポテンシャルを見せることは無いが、こうして巡り巡ってうっすらと注目の行くアントニオ猪木。今回のエントリは、「世界のプロ格闘技史上を振り返って気付く、アントニオ猪木が凝縮させたこのジャンル全体のある特性」という、プロレスも、格闘技も、あるいはボクシングさえも含めた興行格闘技史全体が孕んでいる性質から逆算した形の、格闘技というジャンルからの「猪木とは何か?」の章。
 

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

ボクシングは映画にて焼きつく。ではシネマスクリーンの中のプロレスは?

Category: プロレスの生む物語   Tags: プロレス  ボクシング  映画    
ワーナー


 アメリカのボクシングにおいては、フィクション・伝記・ドキュメントに関わらず優れた映画が発表されている。最近発表された「ザ・ファイター」がアカデミー賞に選ばれたことも記憶に新しい。

 しかし、プロレスのように、競技としても題材としても、一種の矛盾が濃厚に存在しているこのジャンルに関しては先のアメリカボクシング映画みたいに映画作品としてまとめ上げられるような題材になる人物や事象というのは希少だし、またフィクションで取り扱うにも単なる感動を引き出す題材としても、ボクシングのように感情移入がたやすいものでもなく、興行的にも作品的にも成功し完成されている作品というのは難しい。これは様々な矛盾を抱えた題材であるゆえに非常に切り口を捉えられるセンスが問われるからと思う。

 というわけで今回、映画の題材としてのボクシングプロレスという視点からの、プロレスと格闘技の差についての考察です。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR