オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


8月の光

Category: 格闘周辺時評   Tags: ボクシング  MMA  

廃墟は蒸しております。昔のプロレスや新興の格闘技イベントはボクシングやら柔道やらの社会的に評価の決まっている・ジャンルの確立されている格闘技のチャンピオンやメダリストをなんとか交渉してリングに上げ、そして負かしていくことで食い物にしてきた。その流れはRIZINが山本美憂をMMAに転向させることにみられるように、今も続いている。

国内ではついにプロレスの大興行みたいな価値以上のことにはならなかった。しかし、すくなくとも興行と競技環境のバランスが整ったUFCの土壌からはどうなんだろうか。競技環境が最大の格闘技イベントとはいえ、定期的にジェームストニーだとかをオクタゴンに呼び寄せたりしていたり、それひとつをとって「UFCは競技じゃない」みたいに言うのも一部にはいたようだったが。(ものすごく卑屈で頭のわるいヴィルなんとかってのはまだ生きてるのか 少なくともネットの言説中で絶命していればもんくはなにもない)

コナー・マクレガーとメイウェザーがボクシングでの試合が決定した。これは結局異種格闘技戦イベントの亜種なのだけどその味わいがいくぶんとねじれてる感じをうける。引退を発表したメイウェザーをひっぱりだし、現役のMMAのレインメーカーたるマクレガーが相まみえるというのはこれまでの異種格闘技イベントの構図そのままだ。基本ボクシングやら柔道のトップが一線を退いた段階で、現役の新興格闘技のトップが迎えるというやつ。

しかしここで相手の土壌であるボクシングのルールで向かうということが、なんだか今年最大の異種格闘技戦という意匠をややこしくしてる。マクレガーが類まれな打撃技術にて適正階級よりも上の選手を撃破してきたことを根拠にして、今回のような無茶なマッチメイクにまでたどり着いたあたりがポイントにある。これまでの異種格闘技興行は柔道やボクシングの本物を、本物の技術が使えないルールに挙げて負かすというのが基本なのだけれど、本物の舞台のルールで本物の技術を持つやつと相まみえるのである。歴史を振り返るとプロレス側MMA側のひとがちゃんと相手側の正式なルールで対戦なんてけっこうあるけど、そんな正統な試みは興行的にそれほど評価されたりしてなかったかもな、とも。

ことは格闘技のメインカルチャー(ここでは柔道レスリングボクシング まあプロアマの境界でいうと雑なくくりだけど)をサブカルチャーが食らいにいく構図のねじれ方の話だ。ほとんどの団体はサブカルをなんとか意味づけようとメインの価値をかっぱらって貶めることで興行にするんだけど、UFCはサブをメインにしようとなんとかしているほとんど唯一の団体であり、すでに競技能力的にもトップのそれは、もともとの競技のそれと遜色ないギリギリのところにまで来ている。マクレガーの挑発と競技能力がもたらした現実は、完全にサブからスタートしたMMAがメインカルチャーと闘う構図の新しい形である。




スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

村田諒太のプロフェッショナリズム

Category: P・M・BOXING   Tags: ボクシング  
「村田諒太」の画像検索結果

 廃墟なのに5月から暑いです。待望の村田諒太WBA世界戦の判定が話題になってる。例によってプロ格闘技で何度も見てきたスプリット判定のモヤモヤする感じそのままだったんで、いまさら判定の是非を問う気もない。選出されたジャッジが村田に向かなかったという運の悪いものだった、というのが簡単な結論になってしまう。

 とはいえ、MMAではなく注目度の高い国内のボクシングなのでこうした感想もやけに目立った。「ボクシングが判定基準を明確にしなければ、まともなスポーツじゃない」みたいな意見。この意見だって何度も観てきたんだけど、それが村田諒太の関わる試合に言われるのだとすると話はいささか変わって聞こえる。

 それは彼が「判定基準がかなり明確な」アマチュアボクシングのエリートだからだ。もうプロになって何年も経つけれど、プロアマの跨ぎ方の話に繋がるというか。今更ながらところがプロボクシングというのはもちろん興行であり、極端な話KOというスペクタクルをトップとして、どこかしらで試合の中でスペクタクルを生むことが優先されているはず。判定というのは結局決定的なスペクタクルで終わらなかったことに対して帳尻合わせに過ぎないからこそ、拮抗した試合による、選手の思い入れの差といった観客側の感情移入の違いによって判定が揺れたときに議論は巻き起こってしまう。そこで、先に書いたみたいな「判定基準をしっかりしろ」みたいな話が巻き起こる。

 しかしプロ格闘技が判定基準を明確にした場合、スペクタクルという目的が薄れていってしまう。 結局有効打をとるか手数をとるか、そのほかリングジェネラルシップかと拮抗している場合わからなくなることは起こる。ダウンを取ると自動的に判定で完全勝利だろって見えるかもしれないけど、要所要所でポイントを取り返されてしまうこのあたりはプロ格闘技の判定についてのクラシックといっていい「ジャッジを考えると競技がみえる」を参照されるといいと思う。

 そんなこんなを思いながら、あえて全然もりあがんないファイトスタイルのボクサーばっかり紹介していた「あなたの好奇心を刺激する、「ナシォ塩」の管理人のせ(@setyan001)さんのツイキャスを聴いていたら面白い指摘をされていた。結局どうあがいてもどこか曖昧になってしまう興行格闘技において、たとえばムエタイの判定において、チャイスー(闘う心)の強さの話を出していたのがなるほどと思った(間違ってたらすいません)。エンダムの方が後半にそれがあった、みたいな。チャイスーが見えるかどうかなんて本当に曖昧で数値化されない話なんだけど、今回の世界戦で勝敗以上の何かを見通すとすると意外に、単純にそこかもだったりしてな、なんて感じたのだった。

 こう考えて試合内容を思い返すと、もう自分の勝利パターンから変えないようにしているかに見えた。いい意味で書いている。こういう試合になった場合って足りていない部分をさしてそこを足すように言う意見(「五味!柔術やろう」とかね)がありがちだし、自分もかつては単純にそうしたらいいんじゃないのなんて思いがちだった。でも正直な話、自分の勝利パターンというのはどんなにスペクタクルなものではないにしても変えるべきではないな、と今では思っているし、いうなれば完成した勝利パターンを完遂できるように調整すべきでは。完成されたスタイルを持って勝つこと自体が実のところ限られた選手にしか持ちえないからだ。

 では完成されたスタイルをもっているはずの村田の今回の敗戦はどうみたものか。ちらほらとも見える、中盤でダウンをとり、確実にポイントリードしたゆえの少々置きに行くムードがあった、とかは敗戦したせいで言えるかもしれない。ことは、世界戦の大一番という、国内のプロとしてより飛躍するはずの村田陣営はどうなのかにあるとも思う。廃墟とは、現代では廃墟ではない顔をしているものなのです。




テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロレスはいま、どちらの側で捉えるのが現代らしいのか?

Category: プロレスの生む物語   Tags: ---


 プロレスはいまどちら側なのか?昔から「アイドルとプロレスは似ている」なんてアナロジーで一部で語られた果てに、今年本当にAKB48がドラマでプロレスを演じ、しかも「ガチを仕掛けろ」という意味を持つシュートサインという楽曲を歌っていたり、「1984年のUWF」にプロレス言説の限りなく正史に近い認識であろう斎藤文彦が反論を残しているのを見ながら思うのだ。

 すべて演劇で脚本があるまがいものか。思ったよりスポーティビティ(ほぼ造語。競技性があるとかそんな意味。コンペティティブな~というのも違うし、この用語で。)のあるものなのか。それとも未だに真剣勝負の幻影を見ているのか。どちら側なのか。いや、どちら側が現代的なんだろうか。

Continue »

テーマ : プロレス    ジャンル : スポーツ

RIZINの凋落と華やかさの同居

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: MMA  
「RIZIN」の画像検索結果
廃墟からご無沙汰しております。二月も放置すると廃墟としての佇まいが出てきてしまいますね。

さて久々のネタはというと『RIZIN』地上波なんですが、今回のこれは年末で見た時のような虚無は感じなかった。むしろ、往年の格闘技バブルの時代の地上波放映を引きずっていた年末と比べて、なんだかんだでここ数年のMMAの前線には反応した形であるというのがなんだか感慨深かった。若手が興行の主軸になっていたことも大きい。

Continue »

UFCの寂しい現実路線

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---

 廃墟とは人が離れていくことから始まるものです。さすがにびっくりしたのは堀口恭司のフリーエージェント宣言。オレがアリ・ヴァガウティノフ戦での完封に感動したのもつかの間、UFCは新体制になっていらない階級を削っていく気か?その他にも多数の選手が離れるかもしれないという。あのフランク・エドガーまでも離れる可能性がでてきたとか…

 一方でコナー・マクレガーがなんとフロイド・メイウェザーと対戦するなんて常軌を逸してるニュースが駆け巡っている。オレ個人はマクレガーはもう競技能力以上の鉄火場にチップを置き続ける姿勢が今日まで続いているとは思いもしなかった(しかも、ネイト戦でチップを全額失いかけるようなそぶりから、突如引退宣言とかやりだすブラフも込みで、うまくやるとも)。

 GSPとアンデウソンがトップにいて、競技の拡大のために尽力していた数年前には美しい一人勝ちをしていたUFCが、ほころびをみせはじめているのではないか。というか、市場価値が決まってしまった中堅選手にとってはつらい団体になってしまったことが新体制以降からぽつぽつと語られるようになった。ついにGSPが復帰するかもしれないというニュースも駆け巡っているが、この時勢からは確実に数を取れる選手を戻したがってる感じはあるなと。

 フライ級が先細っていくのは個人的には虚しい。MMAでもっとも身体能力や技術の差だけで見れる階級とも言え、フィジカル差やリーチの差による影響の少ない階級だからだ。軽量級が整備されていったことはMMAのジャンルの前進を示しているし、MMAのテクニカルな側面はこの階級から還元されているのではないかと思う。

 それが縮小するということは、UFCはジャンルの本質を拡張する余裕がどうやらなくなってきており、運営を続ける現実路線に切り替えつつあるということだ。それは寂しいというか、先行して格闘技をプロスポーツとして広めたボクシングの歴史を演繹するなら、WBAからWBC、WBOと分裂してきた経緯なんかに近付いているのかもわからない。ボクシングとMMAでは構造が違うから一概には言えないけど、ここいらでトップアスリートが分散して各地に王者が散らばり、誰がその階級で一番なのか判断のつかない世界に突入していくのではと思う。いまのところUFC以外のベラトール、WSOFなどはUFCからの格落ちが向かう団体という印象は強いけれども、これからはわからなくなるのかもしれない。

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR